FC2ブログ

預かりブログ エルザ3

エルザはライオンみたいに大きかったのでつけた名前でした。

保護した頃のエルザは太っていてポッチャリでした。

IMG_4357a.jpg

シェイプアップに成功して?スリムになりました。

IMG_7122a.jpg

だいぶスッキリしましたね~

オデブさん返上です!

どで~~~とでかいライオンのイメージではなくなってしまいました。

エルザ実はなかなかの美人さんだったんですね。

保護したては女性と小学生の女の子二人に噛みつこうとしていた
エルザですが、今は人が大好きで女性でも子供でも自分からよっていき
さわってアピールで大人気です。

温和で覚えも良く一番の優等生かも知れません。

年齢的に隠れた病気が無いか注意してあげないとですね。

藤波辰巳さんと!

BSタイムスという雑誌の取材を受けました。

内容は9月15日に発刊されますのでその時のお楽しみとして。

インタビュアーはなんと!愛犬家でも知られている藤波辰巳さん!

この取材を受けた理由の一つが、私の妹のご主人はプロレスの
レフェリーをしていて、その息子は去年デビューしたプロレスラーなんです。

なのでインタビュアーが藤波辰巳さんと聞いてぜひ取材受けてみたいと思い
この日を迎えました。

うちの団体の主力犬たち勢ぞろいで出向きました。

私の相棒のクレアにハスキーのロジャー、保護犬代表の元噛み犬のトン吉!

藤波さんはクレアのディスクを楽しみにしていたとの事で、クレアは藤波さんの投げた
ディスクをキャッチ!



藤波さんに拍手までしてもらっちゃうなんてクレアはすごいね~

記念にしサインも頂いちゃいました。

IMG_9095a.jpg

そしてなんと!
藤波さんも初めてだと言わせてしまった、クレア宛の犬宛のサインまで頂いちゃいました・・・

IMG_9094a.jpg

無理な注文をお聞き入れいただきましてありがとうございました。(汗)

おかげでクレアにとって最高の思い出の品になりました。

IMG_5411a.jpg

預かりブログ デール3

チップとくればデールくんです。

S__37494841a.jpg

デールが最近やたらうるさいんです。

特に夜になると突然に大騒ぎを始めます。

夜散歩の時にちょこちょこと物にぶつかるようになりました。

かかりつけの動物病院の先生は動物眼科を得意としていますので、
早速デールの目が見えていないようですと相談しました。

調べてもらったところ、先天性の目の障害があるようで、それが加齢で発症し
暗くなるとほとんど見えなくなっているそうです。

先天性のため治療のしようも無く、このまま全盲になってしまうとのことでした。

ついでにその病気は9歳以上の高齢で出るそうで、しかしデールの網膜の状態から
10歳を越えているようには見えないとのことで、デールの年齢は9歳が農耕という
新事実が判明しました。

デールの目が見えるうちに、新しい飼い主さんの顔が見えるうちに新しい家族が
見つかるといいのですが、シェルターに費用がかかってしまっているので、去勢費用が
間に合わないのでしばらくは募集もかけられないね。

甘ったれでとてもかわいい子なんです。

安心していればほとんど吠える事もありません。

元は神経質で唸りや吠えがありましたが、今は本当にいい子です。

できればチップと一緒に受け入れてもらえる家族がいるといいんだけどね。

がんばって資金調達するから待っててねデール!

預かりブログ チップ3

お久しぶりのチップくんです。

ふと気づいたのですが、チップくん写真を撮るといつも恵比須顔!

目を開けているかわいい顔を撮ろうと、ちゃんと狙ってシャッター切るの
ですが、なぜかいつも恵比須顔!

なんだかありがたい気持になってくるくらいに恵比須顔・・・

IMG_5577a.jpg

まぶしいわけでもないのに恵比須顔。

IMG_5580a.jpg

連続で写しても恵比須顔。

IMG_6148a.jpg

カメラ向けると恵比須顔。

IMG_5795a.jpg

セミの抜け殻乗せても恵比須顔。

超レアなチップの目を開けている写真が撮れました。
チップはとってもかわいいんです。本当は。

IMG_8078a.jpg

新シェルターに移転しました。

やっとほぼ荷物のピストン移動も終わりまして、移転できました。

IMG_5533a.jpg

ダイニングキッチン部分をほぼ占領されています。

IMG_5532a.jpg

シェルターといっても普通の一軒家なんです。

私自身もここに寝泊りしていますので、昼間はお留守番の時間は長いですが、犬たちと
一緒に過ごせますので、いわゆる一般的な犬舎のシェルターとは違い少しでも
家庭犬的に過ごせるかなとは思います。

普通に住宅地の中にありますので、鳴き声が一番気になるところです。

しかし、すぐお隣の家はわんちゃんを飼っていて「お互い様ですから。」と
とてもありがたいお言葉を頂き。

またすぐお隣は息子さんがトリマーさんで、理解がある方なので一安心?

毎日{うるさ~~~~~い!!!!!!」と怒りまくっていますが・・・

なんとか過ごしております。

近くには鶴見川の土手があり、散歩コースとしては最高のロケーションです。

IMG_5362a.jpg
IMG_5361a.jpg

団体立ち上げから約半年で皆さまのご支援で、犬たちにとって良い環境のシェルターを
持つことが出来ましたこと、心より感謝いたします。

一軒家シェルターは家庭犬に近い環境で過ごせるのですが、その分
デメリットもたくさんあります。

まずは鳴き声の問題です。

今現在はすぐ泣き止む子たちばかりですが、問題犬は吠える犬が多いです。

それをいかに吠えさせないかなのですが、とっても難しいです!!

床がフローリングてはありますが、室内なので水で洗い流す事もできないため
床の拭き掃除や抜け毛の清掃や、クレート・ケージの清潔保持にはかなり手間が
かかります。

勝手に運動して排泄できるような広いスペースもありませんので、毎日の
お散歩もかなり大変です。

特にここにいる犬たちはほとんどが問題犬です。

噛むような子だと人に任せられないですから、私が世話するしかないですしね。

でも、それが私にとって一番楽しい時間なんです。

この子たちと一緒に一つ屋根の下で暮らして、一緒に散歩して、どんどんといい子に
変わっていく問題犬たちとの時間が結局は一番幸せな時間なんです。

私はこの犬たちに幸せを与えているつもりでしたが、一番の幸せを犬たちが
私に与えてくれているんですね。

プロフィール

rescuedanimalnetwork

Author:rescuedanimalnetwork
殺処分ゼロを目指して!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR